丁寧な葬儀で故人も満足【気持ちを届ける真心サービス】

葬式

東京下町の地域性

メモリアルホールの多い地

合掌

東京都大田区には、数多くのメモリアルホールがあります。大田区と言えば、田園調布などを含む高級住宅街として知られていますが、その様子も今では様変わりしています。この地域に、メモリアルホールと称する葬儀場が多いのは、自宅で葬儀を挙げる人が少なくなっている背景があります。旧家の多い大田区であっても、最近は、自宅ではなく別の会場を設けて葬儀の儀を行う家が増えています。社会的地位の高い人は、数多くの弔問客を迎えるために、相当大きな会場を設定する必要があります。余程のお屋敷でなければ、それ相当の葬儀も難しくなります。メモリアルホールの需要が増えているのは、セレブ階級の必要性の上に成り立っていると言っても良いくらいです。

お葬式の二極化

著名人が、お葬式を豪華にする傾向は、大田区だけでなく全国に広まっています。しかし、その一方で、自分の葬式は簡素にしたいと考える人も増えています。その傾向は、資産の多い少ないに関わらず、あらゆる階級の人に広まっています。お葬式の形式を家族葬と希望する人も増えています。そのような人にとっても、メモリアルホールの活用は便利なものです。有象無象の弔問客を気にしなくても挙げられるお葬式ができるからです。東京大田区のメモリアルホールの小ホールには、家族葬を希望する人の申し込みが増えているといいます。豪勢なお葬式と簡素なお葬式、どちらにも対応できる要素を備えたメモリアルホールが、最近では主流となってきました。