丁寧な葬儀で故人も満足【気持ちを届ける真心サービス】

葬式

新しい葬儀形式

葬儀にかかる費用

葬式

昔から一般的に行われてきた形式の葬儀を営んだ場合、だいたい200万円前後の費用がかかると言われています。葬儀は1人の人間の人生を締めくくるとても重要な儀式ですから、ある程度の出費はやむを得ないと考える人もいます。しかし、200万円という金額は決して安い金額ではありません。逆に、庶民感覚からすればかなり高額の費用だと言うことができます。現実的なことを考えると、経済的な余裕があまりなく、そのような高額の費用を捻出することができないという人が少なくありません。でも、葬儀業者の言いなりにならず、利用者の方からいろいろと提案することによって、費用を安くあげられるようになります。また、近年になって登場してきた直葬や一日葬、家族葬などの形式を採用することによっても、葬儀費用を安く抑えられるようになります。

葬儀費用を安くするには

できるだけ安い費用で葬儀を行いたいと希望しているのであれば、直葬式にするのがよいです。直葬式というのは、通夜や告別式は行わずに火葬だけで済ませる葬儀の形式です。直葬式もしくは火葬式という名前で呼ばれていますが、20〜30万円前後の費用負担で済ませられる場合が多いです。また、半日程度で全てを終わらせることができるため、時間的な余裕があまりないような場合にも適している葬儀形式です。通夜や告別式をせずに火葬だけで済ませてしまうと手抜きっぽく感じられて心苦しいと言う人もいますが、そこに死者を悼む気持ちが伴ってさえいれば、何の問題もありません。お金をかけて形ばかり立派な葬儀をあげるよりも、かえって心のこもった良い葬儀になると考える人もいます。ですので、なるべく費用をかけずにひっそりと故人を見送りたいと考えている人には、直葬式をおすすめすることができます。